「最低限知っておきたい」うつという症状 

うつ病は誰もがかかる可能性のある身近な病気


日常の中で気分が落ち込むことは誰にもありますが、心のエネルギーが戻るに連れて心の憂鬱さも普通に戻っていくものです。

しかし、この憂鬱な状態が2週間以上続いている、それが日常生活に支障があるようだとうつ病が考えられます。うつ病の症状は、主に意欲の低下・落ち込み・関心を失うなどです。うつ病は 100人のうち5~8人が 一生のうちで一度は経験するほど身近な病気と言われています。またうつ症状が精神面ではなく体の不調として現れるケースも多くあることを考えると、この数字よりずっと大きな潜在性を容易に推測できます。

しかしながら、しっかりと対処することでうつ病は良くなる病気です。早期に発見し、適切な対処をすることで元どおりの元気な心の状態を取り戻すことができるのです。


うつ病の症状

■ 心の不調

気分の落ち込み・興味の喪失・活力の低下

集中力・注意力の低下、自信の喪失、自分を責める など


■ 体の不調

消化器官の不調(下痢や便秘、吐き気、胃のもたれ、食欲の低下など)

全身のだるさ、疲労感、頭痛、めまい、肩こり

不眠などの睡眠障害 (早朝の朝 早いうちに目が覚めてしまう「早期覚醒」)など


うつ病の治療の仕方

うつ病の治療の基本は3つです。一つは十分な休養。二つ目は薬による治療。三つ目は心理療法(カウンセリングなど)です。


薬物療法では、不眠に対する薬、抑うつ感を軽減する薬、体の不調を改善する薬などを用いて身体面からの治療を行います。

まずはかかりつけ医やホームドクターに相談しますが、言葉の壁を不安に思う方も多くいらっしゃいます。英語が話せても文化の違いから、医師との間に理解し合えない関係や信頼関係が気づけないケースが多々あります。その際は、グローバルウェルビーイング またはジャパンクリニックにご相談ください。

また、第三者話をすることで心の負担を軽減する方法もあります。グローバルウェルビーイングでは日本語によるカウンセリングを随時行っています。カウンセラーは、大学院で専門的な勉強を行い、日本でカウンセリングのトレーニングを受け、オランダ心理学協会(NIP)認定のサイコロジスとが承ります。日本と海外で長く、また多くの職場のカウンセリングを実践しています。対話による各種心理療法と、心理検査を用いて状況の把握と改善を図ります。医療的行為はできないために、ジャパンクリニックの日本人医師との連携により、心身両面からのケアも可能です。