カウンセリングって何するの?

カウンセリングに行きたいと思っても、大抵の人がまず躊躇するのは「どんなことが行われるのだろう」「重度の心の病気を持った人が行くところ」と思う気持ちからのようです。古くからの伝統的な精神分析のイメージが強く、患者はカウチに寝かされて催眠状態の中で過去を延々と語り、それを分析していくといったイメージでしょうか。・・・もちろん無意識の作業を重視する心理療法もありますが、現在では誰にでもわかりやすい、意識できる行動プロセスを重視した、ロジカルなスタイルがむしろ主流となっています。


カウンセリングって何?

カウンセリングは「心理相談」のことを言います。クライエント(相談者)の心の悩みに対して、カウンセラーが相談に答える場を言います。誰に相談したらいいのか、どんな風に話したらいいのか、クライエント自身さえわからない混沌とした段階で相談ができる場所、それがカウンセリングです。カウンセラーと話すうちに、それだけで徐々に絡み合ったものが解けて、悩みの本質が明確化され、より適切な対処や相談先が見えてくる場合も多々あります。


カウンセリングスキルと知識体系による専門性

カウンセリングは今や多様化していますが、心理相談に重きをおくカウンセリングは 心理学を専門とした大学院以上を卒業したものによるカウンセリングが信頼性が高いと考えられます。心理カウンセリングは、いわゆる「よろず相談」でも「人生相談」でもなく、心理学の学問を根底に置いた専門的スキルであることが理由だからです。そうすることで自分の経験や主観的なアドバイスの主張を控え、クライエントの利益を最優先に考えるプロフェッショナルでなければならず、カウンセラー当人も定期的なスーパーバイズや向上研修を求められています。種類には、精神科・心療内科などの医師との面談内カウンセリング以外に、カウンセリング専門のカウンセラーによるカウンセリングがあります。


カウンセリングは、「心のストレス」を抱えたクライエントが問題を乗り越え、再び問題に遭遇した際に自分で乗り越える力とスキルを身につける(成長)サポートを目的に面談を行い、丁寧に対話を重ねることに重きを置きますこれは医療現場だけではなく、人が誰でも一度は通過する人生の悩みに立ち止まった時、その問題をクリアできるよう成長を促しサポートする日常的な業務を含み、むしろそちらの需要が多くメインとなります。一方、医療の現場においての活用もあります。これは医師が一人一人の患者に十分に時間を割いて患者の話を聞くことは難しいところがあり、その補助的サポートを行うのです。クライエント(相談者)とゆっくりじっくり話すことに時間を割くことのできる専門カウンセラーによるカウンセリングは医療的治療の補佐的役割として、まさにその目的のために活用できるものです。このため、実際には専門カウンセラーが医師と連携し、カウンセリングを引き継ぎます。

カウンセラーは医師の資格を持ちませんので、病気の診断や薬の処方はできません。そのため、医師とカウンセラーの連携がまさに望ましいと考えられます。


事例性と疾病性

企業や学校でのカウンセリングは前者の個人の成長目的がメインになります。(事例性)

医療現場で精神疾患へのカウンセリングはむしろセラピーと呼ばれ治療目的になります。(疾病性)


カウンセリングでは、クライエントご本人が 対話の中から自分がそれまで気づくことがなかった部分や 苦しみを生み出している矛盾などを共に見直し、問題を客観化かつ明確化させて行きます。この対話の過程を通じて、後々に再びストレスのある出来事に遭遇しても 今度は自分の力で解決・対処できるようスキルと力(ストレスマネジメント能力)を身につけることが目的となります。


カウンセリングの目的

カウンセリングを受けて変わるものは、間接的には現在抱えている問題を解決または改善することですが、直接的な目標はクライエント自身の内面的または変化を引き起こすこと(成長)にあります。その根底にある考えは方は、クライエントが抱えてしまった問題は、クライエント側にその問題を引き寄せる原因があったり、解決する術を知らないと思い込んでいることにあり、問題は再び起こり得るということです。

もし、クライエントが事前に問題に対する予防線を張ることに意識を向け 適切に行動を変化させることができたら、カウンセリングに再び頼らず自身で解決できることになります。カウンセリングの中でカウンセラーとの対話を通じて自分自身に向き合うことは、将来のメンタルタフな自分を構築するプロセスになります。




カウンセリングの流れ

1 まずは インテイク面談(初回 約60~70分)

あらかじめ、話をすることなどを準備する必要はありません。思うままに話したいことをお話ししてもらって良いのです。ここから、一緒に対話を通じた共同作業に入って行きます。

内容を聞きながら、初回セッションの終わりには今後のカウンセリングの方針を決めて行きます。

2 カウンセリングセッション (40分〜1時間)頻度は毎週・隔週など

 まずは心理検査を行うことがあります。その時の状態や問題にあった簡単な質問表に答えながら、現在の心の状態を数値で見て行きます。グローバルウェルビーイングは 心理検査を作成・分析するスキルを持つカウンセラーがカウンセリングを行っています。信頼性また妥当性を注意深く検討し、心理検査を選んでいます。

また、日本で働く臨床心理士と連携しており、複雑な心理分析(子供の描写分析や うつ症状のより細かい分析など)の心理検査の結果は臨床心理士のレポートを元にカウンセリングを進めて行きます。

 その後、心理検査で得られた情報を元に、カウンセリングを実施して行きます。

様々な視点から問題を眺めたり、自分を苦しめている思考の癖を検討したり、方針は毎回異なっています。場合によっては、次のセッションまでに心の状態や思考を記録するなどの作業を持ち帰ることもあります。

3 カウンセリングの終焉に向けて 身につけたストレスマネジメントスキル・またリラックス法を振り返ります


● カウンセリングの終焉 

 カウンセリングの振り返りを行いながら、今後ストレス生じる問題に直面した時に自らの力で対処できるよう、共に確認をして行きカウンセリングの終了とします。最終の時期は、頻度や回数を減らしていくので、ご自身でも少しづつ終焉の準備をしていくことができます。

 回数は、来室される方の目的にもよりますが、本気で自分自身の問題と向き合い自分を立て直していく方達は平均2~3ヶ月、またはそれ以上かかるのが通常です。

 根本的な問題と向き合う準備がまだできず 困っている苦しい状態を問題共有することで とにかく軽減したい場合、一回きりのセッションで終了されてしまうケースもあります。ただそのようなケースは、憂鬱な症状は長引くことがあります。


カウンセリングは、今や実用性また効果の高いものとして 職場では「新入社員研修」・「職場のセルフケア研修」、「ストレスチェック実施後のフォローアップ」や、また 職場に限らず 深刻化してしまう前の「予防として気軽に立ち寄ることができる相談の場所」として 広く活用されているものです。


カウンセリングにご興味のある方は下記までお問い合わせください

mail:    contactus@gwb-nl.com 担当 グローバルウェルビーイング 淵上

または下記「お問い合わせ」ページから