global-wellbeing

記事一覧(4)

心を安定させるー①まずは正しい呼吸から

心が不調な時ほど、まず見直すべきものは「呼吸」です。背筋をしっかり伸ばして、顔を上向きに呼吸をしてみてください。自ずと呼吸が深くなるのがわかりますか?呼吸はあまりに「当たり前な日常のこと」で、私たちはついその重要性を見落としがちになります。しかし、正しい呼吸は実は、集中力、モチベーション、創造性や社会性、また身体的な健康をより高める機能だと知っていますか? そう、いつでも始められる画期的な心身の健康法なのです。呼吸と心の安定の関係呼吸が整うと自然と心が安定してくるものです。大切なプレゼンの直前や他の緊張するような場面でも、簡易的な呼吸法を繰り返すことで心の安定が得られてきます。これには、呼吸と自律神経の関係が密接に関わっているからです。自律神経とは、体を自動的に管理・制御する神経機能です。体が熱くなれば汗を書かせ、寒くなれば震えることで体を温めようとします。2つの自律神経の機能の「交感神経」と「副交感神経」がアクセルとブレーキになり相互に働きあって、私たちの体をバランスのよい必要な状態にしてくれる自律性を持っています。でも、心身が疲労をきたすと、この機能が適切に働かなくなるのです。私たちはイライラしたり、焦ったり、緊張したり、不安や落ち込みの中にいると緊張から筋肉がとても強張っていき、やがて強い疲労感を感じます。これを抑えようと副交感神経が活発になると、体を休ませようとするメカニズムが強く働き、したがって何をするにも億劫になり、行動を鈍くしていきます。体の動きが減少すると、今度は血液の流れが滞り、やがてそれはドロドロになっていきます。体に新鮮な酸素が行き渡らず、疲労感は増し、これが脳に伝わり、心や体に不調をきたしていくのです。しかし、こんな時こそ正しい呼吸をする、すると肺に十分な酸素が送られる、血液の流れもスムースになります。血液がスムースに流れると、体も少しづつ温まり、筋肉に柔らかさが戻ってきます。体が動くと、活動性が戻ってきます。心と体は心身一如。人に会ったり、笑ったり、社会に所属する感覚が人間らしさを取り戻すきっかけになります。小さな頃に授業や体育で何気に学んでいた呼吸とは、人間の社会活動に大きな影響を与えていたということですね。正しい呼吸法① まず、姿勢を正し、少し顎を上げ、楽に座りましょう。② 口からゆっくりと息を吐きます。長くゆっくりと細い息で全部吐き出していきます。③ 息を吐き出すと、自然と息を吸うようになります。鼻からゆっくりと新鮮な空気を吸ってください。④ この流れを20回以上繰り返します試しているうちに、次第に体がリラックスしてくることが感じられてきます。新鮮な酸素を含んだ血液が体を巡り、体のリラックスが起こると脳にそれが伝達されます。そして心が落ち着いてきます。一日を丁寧に過ごす朝から寝坊し、食事も取らずあわてて身支度し、出かけていませんか。結果、忘れ物をし、仕事や学業の効率も落ちるため、ミスが増え、疲れ切って帰宅をしていませんか。ストレスから逃げるため、帰宅後はスクリーンを長時間見て、身体的に披露して寝落ちしていませんか。このような状態は 呼吸が浅い状態です。ゆっくりと一つ一つ丁寧に事を片付けていくことは、呼吸を深くし、したがって心の安定を促します。そのためにも、To Do Listに優劣をつけて 仕事も生活もすっきりとさせる必要があります。整理できることには タスクや物だけでなく、情報や人間関係もあります。捨てられないものは本当に大切なものですか?見直してみる良い機会にもなるでしょう

「最低限知っておきたい」うつという症状 

うつ病は誰もがかかる可能性のある身近な病気日常の中で気分が落ち込むことは誰にもありますが、心のエネルギーが戻るに連れて心の憂鬱さも普通に戻っていくものです。しかし、この憂鬱な状態が2週間以上続いている、それが日常生活に支障があるようだとうつ病が考えられます。うつ病の症状は、主に意欲の低下・落ち込み・関心を失うなどです。うつ病は 100人のうち5~8人が 一生のうちで一度は経験するほど身近な病気と言われています。またうつ症状が精神面ではなく体の不調として現れるケースも多くあることを考えると、この数字よりずっと大きな潜在性を容易に推測できます。しかしながら、しっかりと対処することでうつ病は良くなる病気です。早期に発見し、適切な対処をすることで元どおりの元気な心の状態を取り戻すことができるのです。うつ病の症状■ 心の不調気分の落ち込み・興味の喪失・活力の低下集中力・注意力の低下、自信の喪失、自分を責める など■ 体の不調消化器官の不調(下痢や便秘、吐き気、胃のもたれ、食欲の低下など)全身のだるさ、疲労感、頭痛、めまい、肩こり不眠などの睡眠障害 (早朝の朝 早いうちに目が覚めてしまう「早期覚醒」)などうつ病の治療の仕方うつ病の治療の基本は3つです。一つは十分な休養。二つ目は薬による治療。三つ目は心理療法(カウンセリングなど)です。薬物療法では、不眠に対する薬、抑うつ感を軽減する薬、体の不調を改善する薬などを用いて身体面からの治療を行います。まずはかかりつけ医やホームドクターに相談しますが、言葉の壁を不安に思う方も多くいらっしゃいます。英語が話せても文化の違いから、医師との間に理解し合えない関係や信頼関係が気づけないケースが多々あります。その際は、グローバルウェルビーイング またはジャパンクリニックにご相談ください。また、第三者話をすることで心の負担を軽減する方法もあります。グローバルウェルビーイングでは日本語によるカウンセリングを随時行っています。カウンセラーは、大学院で専門的な勉強を行い、日本でカウンセリングのトレーニングを受け、オランダ心理学協会(NIP)認定のサイコロジスとが承ります。日本と海外で長く、また多くの職場のカウンセリングを実践しています。対話による各種心理療法と、心理検査を用いて状況の把握と改善を図ります。医療的行為はできないために、ジャパンクリニックの日本人医師との連携により、心身両面からのケアも可能です。

カウンセリングって何するの?

カウンセリングに行きたいと思っても、大抵の人がまず躊躇するのは「どんなことが行われるのだろう」「重度の心の病気を持った人が行くところ」と思う気持ちからのようです。古くからの伝統的な精神分析のイメージが強く、患者はカウチに寝かされて催眠状態の中で過去を延々と語り、それを分析していくといったイメージでしょうか。もちろんこのような自分でも普段気がついていない「無意識の作業(しわざ)」を重視する心理療法もありますが、現代の時代に生きる私たちには、そんな悠長なことを言っていられないことも現実です。また、症状がもっと短期的な発症だったり、信頼を置きにくい点もあります。しかし、カウンセリングの需要は低下することはありません。むしろ複雑に、またスピーディに変化する現代には必要な支援として定着しつつあります。そして現在では誰にでもわかりやすい、意識した部分へのへの行動プロセスを重視した、ロジカルなスタイルがむしろ主流となっています。カウンセリングって何?カウンセリングは「心理相談」のことを言います。クライエント(相談者)の心の悩みに対して、カウンセラーが相談に応じる場を言います。誰に相談したらいいのか、どんな風に話したらいいのか、クライエント自身さえわからない混沌とした段階で相談ができる場所、それがカウンセリングです。カウンセラーと話すうちに、それだけで徐々に絡み合ったものが解けて、悩みの本質が明確化され、より適切な対処や相談先が見えてくる場合も多々あります。カウンセリングスキルと知識体系による専門性カウンセリングは今や多様化していますが、心理相談に重きをおくカウンセリングは 心理学を専門とした大学院以上を卒業したものによるカウンセリングが信頼性が高いと考えられます。心理カウンセリングは、いわゆる「よろず相談」でも「人生相談」でもなく、心理学の学問を根底に置いた専門的スキルであることが理由だからです。そうすることで自分の経験や主観的なアドバイスの主張を控え、クライエントの利益を最優先に考えるプロフェッショナルでなければならず、カウンセラー当人も定期的なスーパーバイズや向上研修を受けながら専門性を向上させ続けていきます。このような形での実践歴の多いカウンセラーは同時に多くのスキルを必然的に身につけていると考えられます。一方で自己流また自身の人生の経験則から発するアドバイスに重きをおくカウンセリングはきちんとした訓練を受けていないことが多く、自分の価値観で判断や結論を押し付けてきます。カウンセリングの種類には、精神科・心療内科などの医師との面談内カウンセリング以外に、カウンセリング専門のカウンセラーによるカウンセリングがあります。カウンセリングは、「心のストレス」を抱えたクライエントが問題を乗り越え、再び問題に遭遇した際に自分で乗り越える力とスキルを身につける(成長)サポートを目的に面談を行います。ます。この目的のために、丁寧に対話を重ねることに重きを置きます。これは、人が誰でも一度は通過する人生の悩みに立ち止まった時、その問題をクリアできるよう、成長を促しサポートすることです。一方、医療の現場においての活用もありますが、実際は医師が一人一人の患者に十分に時間を割いて患者の話を聞くことは難しいところがあり、その補助的サポートをカウンセラーが行うのです。クライエント(相談者)とゆっくりじっくり話すことに時間を割くことのできる専門カウンセラーによるカウンセリングは医療的治療の補佐的役割として、まさにその目的のために活用できるものです。このため、実際には専門カウンセラーが医師と連携し、カウンセリングを引き継ぎます。カウンセラーは医師の資格を持ちませんので、病気の診断や薬の処方はできません。そのため、医師とカウンセラーの連携がまさに望ましいと考えられます。事例性と疾病性企業や学校でのカウンセリングは前者の個人の成長目的がメインになります。(事例性)医療現場で精神疾患へのカウンセリングはむしろセラピーと呼ばれ治療目的になります。(疾病性)カウンセリングでは、クライエントご本人が 対話の中から自分がそれまで気づくことがなかった部分や 苦しみを生み出している矛盾などを共に見直し、問題を客観化かつ明確化させて行きます。この対話の過程を通じて、後々に再びストレスのある出来事に遭遇しても 今度は自分の力で解決・対処できるようスキルと力(ストレスマネジメント能力)を身につけることが目的となります。カウンセリングの目的カウンセリングを受けて変わるものは、間接的には現在抱えている問題を解決または改善することですが、直接的な目標はクライエント自身の内面的または変化を引き起こすこと(成長)にあります。その根底にある考えは方は、クライエントが抱えてしまった問題は、クライエント側にその問題を引き寄せる原因があったり、解決する術を知らないと思い込んでいることにあり、問題は再び起こり得るということです。もし、クライエントが事前に問題に対する予防線を張ることに意識を向け 適切に行動を変化させることができたら、カウンセリングに再び頼らず自身で解決できることになります。カウンセリングの中でカウンセラーとの対話を通じて自分自身に向き合うことは、将来のメンタルタフな自分を構築するプロセスになります。

「人的資源管理」としてのメンタルヘルス対策

数年前までは メンタルヘルスというと病気の発症者に対する「対処療法」という後ろ向き的な意味合いがありました。しかし、現在 日本また世界的に行なっているメンタルヘルス対策はそうではありません。「人的資源型」メンタルヘルス対策とは人的資源型のメンタルヘルス対策の第一の目標は「メンタルヘル不調の予防」です。これを「一次予防」(または一次ケア)と言います。企業で実施するメンタルヘルス対策には、管理者の安全配慮に対する知識教育(ラインケア)・全従業員のストレス管理能力の教育(セルフケア)、そして職場で協力して行う職場改善があります。多くの職業・組織心理学のストレス研究によって明らかにされているのは、職場で発生するストレス要因には、個人の努力だけでは解決しようのない問題を多々含んでいることです。これら外部によるストレス要因に対し、職場が把握し、管理し、職場の問題によってメンタル不調を出さないことが企業に課せられた安全配慮義務なのです。これら 職場のストレスメカニズムを知らないことによるストレス不調の発症もまた、企業そして管理者の義務不履行とみなされます。また知識がないために、従来の精神論を信じて「頑張りが足りないからだ」と圧力をかけた結果、部下を不調に追いやったり、同僚の異変に気がつかないなど、無教育であることも安全配慮義務の欠如とみなされ対象となります。グローバルウェルビーングでは 海外赴任より本社社員のようにメンタルヘルス対策メンタルヘルス対策研修を受けることができない駐在員を対象に 会社に赴いてセミナーを実施いたします。企業訪問セミナー・教育研修のお問い合わせ グローバルウェルビーイング contactus@gwb-nl.com